ホーム > レア情報 > 絶対に外せない

絶対に外せない

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は外貨を売り買いして利幅を得る投資です。

 

取引の価格は常時動いています。

 

これがレートです。

 

インターネットを見ているとドル円やユーロ円のレートのニュースが流れる状況があります。

 

見かけるのが、「ドル円は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという事を示しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを表示しています。

 

外為取引には買値と売値の2つの価格が存在する事を示しています。

 

売値、買値ではなく、BID、ASKと表しているFX取引会社も存在しています。

 

売値の方が安価になっています。

 

買値は高く、売値は低くなるのです。

 

この差をスプレッドといい、FX会社の稼ぎといわれています。

 

スプレッドの広さはFX取引会社によって違います。

 

スプレッド幅は自分自身にとって負担になるので、小さい取引会社をセレクトしたほうが優位です。

 

ただ、同じ取引会社でも局面によってはスプレッドの狭さは大きくなったり小さくなったりします。

 

平常時は円とドルのペアで1銭のスプレッドの幅であるとしても市場の上げ下げがとても大きい場面では3銭、4銭になります。

 

そういう訳で、スプレッドの広さが狭いのと同時に、変化が小さい事が不可欠です。

 

固定したスプレッド幅を提示する業者もたくさん存在します。

 

実際にFX会社の売り買い画面上で現実のレートを調べなければ見分けられないので億劫ですが、重要な事です。

 

多額の資金を投じてトレードをするわけですから、現実のトレードの前に魅力的に思えた会社の新規取引口座開設を積極的にして示されているスプレッド幅を知っておきましょう。

 

同じ通貨ペアでもその場面でのマーケットのボラティリティによって、外貨のスプレッドの広さは変化します。

http://sanako2013.meblog.biz/

おおむね、銀行間取引で取引高が多い外貨ではスプレッド幅が小さく、残りの外貨ではスプレッドの差が広がる傾向にあります。

 


関連記事

  1. オーダーカーテン専門店って敷居が高くない?

    カーテンを変えたいなと思ったときに、どういったところで探しますか?ホームセンター...

  2. 覚悟を決めて

    一般的な初心者向けのFX取引の教科書では、「損失が生じた場合はナンピンをすること...

  3. 絶対に外せない

    「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は外貨を売り買いして利幅を得る投資です。 &...

  4. 法律に照らして

    任意整理というのは一般に負債整理とも呼んでいて、おのおのの貸方への返済を続けてい...