ホーム > レア情報 > 覚悟を決めて

覚悟を決めて

一般的な初心者向けのFX取引の教科書では、「損失が生じた場合はナンピンをすることによって、ポジション全体の買い付けコストを抑える事ができる」などと助言されていますが、実際にはこれは相当大きな罠があると思います。

 

ナンピン買いの手法に関してとても簡単に説明します。

 

一例として1ドル100円でドルを買ったとします。

 

$買いですので円安に進むほど儲けが出るわけですが、思っていたのとは逆に95円まで円高が進んでしまったとします。

 

そのままの状況でポジションを所有し続けたら損失が回復するまでには損失分、円安ドル高に向わなければなりません。

 

皆さん、マイナスは早めに取り戻したい願うだろう。

 

それを解決するためはじめに買ったのと同じだけの$を、1ドル=95円でエントリーします。

 

そうすると、ポジション全体の価格は1ドル=97.50円まで下げることができます要するに、半分の幅で円安が進行すれば損失を回復できる。

 

この流れがナンピン買いの理屈です。

 

このとおり、ナンピン買いの方法を耳にすると、「納得だ」という考えになるが易々と上手くはいきません。

 

1ドル95円以下にならないとは誰も分かるわけがありません。

 

例として、マーケットがかなり強いドル安トレンドだとすると、1ドル95円では下げ止まることなくより一層円高ドル安が進む可能性はあります。

 

ひとつの例として、1ドル=97.50円でナンピンをするとしても1ドル=95円までドル安になったとしたらナンピン買いを入れた分についても、差損が生まれることになってしまいます。

 

この状態では、初めに持ったポジションと一緒に、ダブルで損が生まれます。

http://maruta.be/gamapart

このように、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

 

では、相場が自身のストーリー展開とは逆の方向に素早く進んでしまった場合、どの手段で危険の確率を軽減すればいいのだろうか。

 

ここで選べる対策は2つ。

 

まずはじめは覚悟を決めて損切りをすること。

 

もうひとつの選択肢としては現在、自分自身が持っている買いポジションを少なくする事によって、もう一度相場が元のようになるのを待ち望むことです。

 

少し大人しい対策だと考える投資家もいるだろう。

 

だけど、自分のポジションに損が出た場合、最も適切なやり方はそれ以外にはないです。

 

無論、考え方としてはナンピン買いするという手法もあると思います。

しかしナンピン買いは、自分か損失を出しているのにポジションを小さくするどころか遂に買いポジションを積んでいく手段です。

 

この考え方では、リスクを回避することなど、どこをどうやってもできない察するべきです。

 

ナンピンをし続ければいずれは損失が回復するかもしれません。

 

だが、それ以前にお金が不足してしまいます。

 


関連記事

  1. オーダーカーテン専門店って敷居が高くない?

    カーテンを変えたいなと思ったときに、どういったところで探しますか?ホームセンター...

  2. バストアップのための食べ物

    バストアップのためといいますと、何か食べてみよう、とまず思います。なんとなく、バ...

  3. 覚悟を決めて

    一般的な初心者向けのFX取引の教科書では、「損失が生じた場合はナンピンをすること...

  4. 絶対に外せない

    「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は外貨を売り買いして利幅を得る投資です。 &...

  5. 法律に照らして

    任意整理というのは一般に負債整理とも呼んでいて、おのおのの貸方への返済を続けてい...